お問い合わせ

ハニーFM 神戸新聞オンライン

| 《前のページ | 次のページ


8月15日放送

  • 三田市の駒ヶ谷体育館で20日行われる世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王座決定戦。地元大成ジムの同級1位、加納陸選手への期待が日増しに高まっている。

8月8日放送

  • 国内最大級の植物食恐竜「丹波竜」の化石が丹波市で発見されてから10年。約1億1千万年前に形成された篠山層群からは、丹波竜のほかにも多数の化石が発掘され、「世界的な大発見」と専門家を驚かせた。

8月1日放送

  • 夏を盛り上げる「三田まつり」が6日、郷の音ホールの駐車場をメーン会場に開かれる。ステージでの発表、多数の出店、市民総踊りなどに続いて、約2500発の花火が打ち上げられる。

7月25日放送

 

  • 猛暑の夏。三田市内では、熱中症患者の救急搬送件数が昨年同期比で約2倍に。2013年以降の搬送患者の年代別では、60代以降が約4割を占めて最多。部活動など外で運動する10代が約3割と多いのも特徴的だ。

7月11日放送

  • 明治〜昭和の写真で町並みの変遷をたどる企画展「昔の三田写真展」が屋敷町の三田ふるさと学習館で開かれている。建物や商店街など計31カ所を、往時の写真と、同じ場所で撮影した現代の写真で紹介している。

6月20日放送

  • 三田藩10代藩主・九鬼隆国による祝賀能の記録に登場する狂言2作品の公演が7月3日、郷の音ホールで開かれる。タイトルは「お殿さまが見た狂言」。今年3月に発足した市民団体「能楽と郷土を知る会」が企画した。

6月13日放送

  • JA兵庫六甲三田地域青壮年部三田支部が18日、下深田のジャガイモ畑で市民向けの収穫体験イベントを開く。同支部には30〜40代の専業・兼業農家などが所属。若手が活躍する地元の農業に関心をもってもらおうという試み。

5月27日放送

  • 三田市つつじが丘出身で、日本を代表するオーケストラのNHK交響楽団に所属するビオラ奏者、中村翔太郎さんがこのほど、三田市役所本庁舎でのロビーコンサートに出演した。三田から羽ばたいた若き実力派。

6月6日放送

  • ガラス工芸作家の前出佳与さんが上野台中学校に、チョウ「アサギマダラ」を題材にした作品を贈った。同中と前出さんはそれぞれ、アサギマダラが好む花「フジバカマ」を栽培している。前出さんをスタジオに迎え話す。

5月30日放送

  • かつで三田駅と有馬温泉を結んだ鉄道「国鉄有馬線」。全長12.2㌔を28年間走り、戦時下の国策により1943年7月、事実上の廃線に。NPO法人歴史文化財ネットワークさんだが開いたウオーキングイベントに、参加した。

5月23日放送

  • 季節ごとに長距離を移動するチョウ「アサギマダラ」が好む花「フジバカマ」を栽培している上野台中学校の生徒が植栽の範囲を広げようと、校区が重なる4小学校で児童と一緒に苗を植えた。同中の取り組みについて話す。

5月16日放送

  • 結婚50年の節目を祝う金婚夫婦祝福式典(神戸新聞社主催)がこのほど、三田市総合福祉保健センターで開かれ、今年は市内の夫婦42組が参加した。終戦直後と阪神・淡路大震災の年を除き、昭和12年から続けてきた行事。

| 《前のページ | 次のページ

 

Copyright(C) 2006-2016 有限会社 北神北摂販売センター All Rights Reserved.